ギャンブル依存|家族のみなさんへ

治療と回復のために

ギャンブル依存症になった時、一番の力になれるのはその家族です。ギャンブル依存症となると本人の意志だけではなかなか脱却できません。

そこで、家族としてギャンブル依存症に対しどのように取り組めばよいのかを説明します。 

 

まずはギャンブル依存症についての理解を深めましょう

家族の者がギャンブルにのめり込み、借金までしているとわかれば、かなりショックを受けることでしょう。そしてまずはその原因を知りたいと思うかもしれません。

しかし、ギャンブル依存症の知識がなければ、これは本人の意志の問題であると結論づけることにもなります。意志が弱いからギャンブルをやめられないのだと考えるのです。

あるいはギャンブル依存症になるのは、自己管理ができていないからだと思うかもしれません。これらはギャンブル依存症に関する知識がないために、自分が理解できる範囲内で考える原因にすぎません。

ギャンブル依存症は脳の機能に変化を及ぼす病気です。

その点を理解したうえで、治療と回復にはどのようなアプローチが必要なのかを考える必要があります。

 

家族向けの自助グループに参加してみましょう

ギャンブル依存症に関する理解を、と言ってもそう簡単にはいかないでしょう。現実に家族の者が借金をし、その返済をどのようにするのか困っている状況で、冷静に勉強することなどできないかもしれません。

そこでおすすめなのは、「家族向けの自助グループ」に参加することです。

これは同じように家族がギャンブル依存症となり、さまざまな問題を抱えている人が集まって話をする場所です。

同じようにギャンブル依存症となった家族が引き起こす問題に困っている人が多くいることが分かります。そして同じような悩みを共有することで、孤立感や閉塞感から解放されることになります。

その結果、冷静さを取り戻してあらためてギャンブル依存症の治療に向けた取り組みができるようになるでしょう。

 

専門家に相談しましょう

ギャンブル依存症の家族に対して冷静に対処できる状態になれば、次は専門家に相談しましょう。

ギャンブル依存症を治療する医療機関は少ないかもしれませんが、家族の悩みを理解して何ができるのかを教えてくれます。またギャンブル依存症の治療に関しては、心理検査や精神科医師による診察、頭部MRIなどの身体検査も行ってくれます。

さらに積み重ねた借金の返済や就労、場合によっては住居の相談などもすることができます。

家族に対するアドバイスも行っているので、まずは医療機関に相談するようにしましょう。

 

借金を肩代わりするのはやめましょう

ギャンブル依存症の治療と回復に先立ち、まずは借金を代わりに返済しようと思う家族の方もいることでしょう。しかしギャンブル依存症から回復していないうちは、借金の肩代わりはおすすめできません。

その理由はギャンブル依存症の人は自分の行動に責任を持てない状態なので、借金を返済してもらうと自分でその責任を取るという機会を失ってしまうからです。その結果、ふたたび借金をしてギャンブルを始めてしまい、回復が遠のいてしまいます。

借金は返済しなければ金利負担により総額が膨大なものとなります。それを懸念して早めに返済したいというのが家族としての気持ちだと思います。しかしギャンブル依存症の本人にとっては、それは良い結果にはならないということを頭に入れておきましょう。

一時的に借金がなくなっても、あらたに膨大な借金をつくることにもなりかねません。

 

突き放すようなことはやめましょう

借金の肩代わりをしてはいけませんが、突き放すようなことをしてもいけません。

ギャンブル依存症の本人が心から自分の責任を感じ、それでも借金などの問題を解決できないと悟ったとします。

その時、力になってくれる者がいなければ人生に絶望するかもしれません。そんな時、家族が支えてくれるとわかれば、立ち直ることができます。

 

まとめ

家族がギャンブル依存症になった時、まずはその病気に関する理解を深めるようにしましょう。そして自助グループに参加し、同じような悩みを抱える人の話を聞いてください。それまでは絶望しか感じなかったとしても、ギャンブル依存症を治療し回復する希望が生まれることでしょう。

治療と回復

自身でできること

家族のみなさんへ

治療の種類

ギャンブル依存は必ず克服できます

“ パチンコに依存していたのは10年以上にもなります。周りに嘘をついてまでパチンコに使うお金を必死に工面していました。ついに返し切れない程の借金をし、自分ではどうしようもなくなっても、自分は依存していないと思っていたのです。一方でいつも不安で苦しい焦りを感じていたのを覚えています。周りの人を傷つけても止められなかったのは、身も心も完全に依存していたからだと思います。現在はささやかですが普通の生活を送れるようになりました。絶対に克服できるはずです。”
“ 父親が色々な理由をつけて私や母親からお金を借りるようになりました。いま考えると全てウソだったのですが、しばらくは疑問にも思いませんでした。しかし、孫に用意していたお祝いをこっそりと持ち出したことに気づいて、普段とは明らかに何かがおかしいと感じたのです。私たちはじっくりと何度も向き合いました。今では日常を取り戻しています。家族の手助けがあれば必ず立ち直れます。”
“ 小さい頃からの幼馴染の変化に気づいたのは、申し訳なさそうに借金を申し込まれた時。 初めは困っている友人を放っておけなかったので理由は聞かずに貸しました。3度目の時に理由を尋ねるとギャンブルに使っていると言われショックだったことを覚えています。もう貸せないこと、そして専門家への治療を勧めました。彼自身も治したいという思いはありましたが、心が依存してしまっていたのです。いまはギャンブルは断ち、よく一緒に遊びに出かけます。寄り添うことだけでも力になれるんだと信じてよかったです。”
Previous
Next
翻訳する